発表のみを希望する方のための手引き

情報処理学会・プログラミング研究会

IPSJ Special Interest Group on Programming

発表のみを希望する方のための手引き

テーマ

本研究会では,プログラミングに関係するテーマ全般を取り扱います.具体例として次のようなテーマがあります.

  • プログラミング言語の設計,処理系の実装
  • プログラミングの理論,基本概念
  • プログラミング環境,支援システム
  • プログラミング方法論,パラダイム

これらを応用したシステムの開発事例も対象として認められます.これら以外でも,プログラミングに関する面白い話題であれば何でも対象となります.

  • プログラミング言語の設計論
  • システムの開発経験に関する報告
  • 斬新なアイディアの提案
  • 概念の整理,分類法,尺度の提案
  • 複数のシステムその他の比較

発表申し込み

発表を希望する方は,発表会の2〜3か月前までに発表申込をしてください.発表申込の送り先(=担当者)や正確な締切日は,発表会ごとに学会のIPSJカレンダーや,研究会ホームページに掲載します.
研究会発表だけをして,論文誌への投稿を希望しないこと(すなわち投稿しないこと)は可能です.このような発表も,研究会として歓迎します.個々の発表について,論文誌への投稿の有無を公表することはありません.
申込みの際には,この発表申込みフォームを利用して,担当者あてに

  • 氏名・所属(和文および英文,発表者に○印をつけて下さい)
  • 代表者連絡先(氏名,電子メールアドレス,住所,電話,Fax)
  • タイトル(和文論文の場合は和文と英文の両方)
  • 発表概要(和文600字程度,英文200ワード程度.和文論文の場合は和文と英文の両方を添付するものとし,英文論文の場合は英文が必須で和文も推奨とします.)
  • 論文誌投稿を希望しない旨
  • 発表者が年度冒頭(4月1日)に29歳以下あるいは30歳以上かの別 (参考: コンピュータサイエンス領域奨励賞の規程)

をお知らせください.

発表のみの場合は,この発表概要が論文誌に掲載されます(掲載料はかかりません).
情報処理学会会員でなくても発表申し込みをすることができます.
発表の可否は担当者から連絡があります.発表件数その他の都合で,発表をお断りする場合があります.

発表資料の用意

聴衆に配布する発表資料を作成して PDF形式で担当者の指示にしたがって提出して下さい.発表資料の提出期限は,通常,発表会の3日前となります.
提出していただいた発表資料は,発表会当日に聴衆が会場で電子的にコピーできるように担当者が手配します.発表資料は,LaTeXを用い,学会所定の論文誌ジャーナル用スタイルファイルipsj.clsを利用し,PRO研究会発表資料用パッケージPROpresentation.sty(このWebページの制限のためzipファイルになっています)を読み込んで作成して下さい.
スタイルファイルに添付の「論文作成のガイド」に目を通していただくようお願いします.
謝辞は必要な場合はおつけ下さい.発表資料では著者紹介は不要です.

注意:スタイルファイルは最新版をダウンロードいただき,発表資料を次の要領で作成してくださるようお願いいたします:

(日本語資料の場合)

\documentclass[submit,PRO]{ipsj}
\usepackage{PROpresentation}
\PROheadtitle{y-n-(x): 情報処理学会プログラミング研究会 発表資料 Y年m月d日}

(英語資料の場合)

\documentclass[PRO,english]{ipsj}
\usepackage{PROpresentation}
\PROheadtitle{y-n-(x): Manuscript for presentation at IPSJ-SIGPRO, d m Y.}

(y年度第n回研究会の発表番号xがY年m月d日に発表される場合.yおよびYは西暦.)

これにより,各ページの柱部分に
「y-n-(x): 情報処理学会プログラミング研究会 発表資料 Y年m月d日」
と出力されるようになります.

研究発表会

発表会当日には,発表資料のコピーを適当な部数作成して持参することが義務づけられます.これは,当日会場で電子的にコピーできない聴衆に配るためのものです.コピーの部数については,担当者からの指示に従ってください.
会場では通常,PCプロジェクタが利用できます.
当日は,論文誌への投稿の有無に関わらず,1件あたり発表25分,質疑・討論20分の時間が与えられます.
この議論を重視する時間設定は,参加者が研究の内容を十分に理解するとともに,発表者にとっても有益な示唆が得られることを目的としています.